スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dragon's Stone紙上リプレイ Round3

このリプレイ上ではカード効果を逐一説明はせず、テンポ重視で紹介していきます。
カードリストが見たい方はコチラからどうぞ。
DSA4_4.jpg

紙上リプレイでは、ドラゴンズストーンはどんな雰囲気のゲームなのか、
また、ドラフト中にどんな事を考えながらプレイしているのかをお伝えできれば良いなぁと思います。

※リプレイ上では分かりやすりようにドラフト中の手札をテーブルに置いて写真を撮っています。
 ぶれている写真も多いですが、ご容赦くださいませ。

★ラウンド2までのあらすじ
ラウンド1で財宝を2つ獲得できたPlayer1(自分)だったが、
ラウンド2では一つも獲得できず、他のプレイヤーに追いつかれる展開に。。。


4人プレイにて

■2nd Round終了時状態
Player1 金貨5枚 財宝:白、オレンジ フラッグ所持
Player2 金貨1枚 財宝:白、黄
Player3 金貨5枚 財宝:オレンジx2
Player4 金貨4枚 財宝:赤、黄、黄

☆2nd Round
財宝の色:白、青、黄、赤
フラッグ位置  :Player1(自分)

保留カード:ドラゴンゾンビ


★山札がなくなり、リタイヤの山も配られる。
4人プレイの時はラウンド3のドラフトカードを配る途中で山札が無くなります。
(総枚数が60枚なので、4人x6枚x3ラウンド = 72枚必要)
足りない分は今までのターンのリタイヤカードを配ると、ちょうど必要な枚数になります。
つまり、このラウンドは墓地に行っていない、ラウンド1と2で使われていないカードでドラフトする事になります。

※ちなみに、5人プレイの時は2ラウンド目以降、毎回「前回使われていないカードでドラフトする」形になります。

※※とはいえ、各プレイヤーは1枚保留しておけるので、まだ現れていないカードに狙われる可能性はあります。


■1stPick:
3-1.jpg
むむ!ブラックドラゴンがいる!
4人プレイなので、ラウンド3では墓地やリタイヤ置き場は行ったカードはまだ山札に戻っていません。
ということは、ドラゴンスレイヤーや詐欺師はまだ帰ってきていない状態。
これはコンボが狙えるかもしれない!

ということで、ブラックドラゴンは流すことにして、重騎士を取ります。
他にはあまりめぼしいカードはないですね。
ゴブリン、がめついゴブリンあたりが戻ってきそうです。

>>「重騎士」を獲得

■2ndPick:
3-2.jpg
ダークエルフの義賊が目を惹きますが、なかなか悩ましいパックです。
1ターン目にドワーフの勇士を使えば勝てるかもしれず、先ほど取った重騎士を生かすには民兵を取る手もあり。
しかし、他のプレイヤーに使われても困るという点で、ダークエルフの義賊を獲得。
うーん、重騎士(金貨5枚以上保持していると戦力+2)とダークエルフの義賊(全員の所持金貨をMAX3にする)は効果がぶつかっていますね。
どちらかは諦めて、リタイヤ送りになるかもしれません。

>>「ダークエルフの義賊」を獲得

■3rdPick:
3-3.jpg
おっと。強力な緑カード、呪われた英雄がありますね。
誰かが先ほどのドラフトでリタイヤに送ったのでしょう。。
ちょっと金貨が足りないので、今回も流してしまいます。

他には、エルフの魔法使いがいますね。
さっき財宝色ボーナスのカードを複数(ゴブリンの占い師、ドワーフの勇士)見たので、エルフの魔法使いを取って色コンボを狙うのもアリですが…
あくまで重騎士を使うことにこだわり、騎士を確保しておきます。
折角ダークエルフの義賊を押さえたので、金貨を5つ保持したままターン3に入れるハズ!

>>「騎士」を獲得

■4thPick:
3-4.jpg
赤一色にできればかなり強力な、ゴブリンの王が流れていますね。
赤系を取っている人がいないのかな?そうなるとブラックドラゴンが出てきてくれるか不安ですね…
多少、気にし過ぎとも思いますが、金貨を1枚奪う効果を持っているがめついゴブリンをカットして、
ゴブリンの王をあえて流してみます。誰か赤を集めていますように!

>>「がめついゴブリン」を獲得

■5thPick:
3-5.jpg
最初の1枚を取ったパックですね。いわゆる「おかえりパック」というヤツです。
ちゃんとレッドドラゴンはどこかに取られたようですね。よしよし。
ここでは自分でダークエルフの義賊を使う可能性も考えて、商人を取っています。

>>「商人」を獲得

■6thPick:
3-6.jpg
流れてきたのは民兵。
ラッキー!これでお金を得つつ重騎士につなぐ事もできるようになりました。
あー。これなら3rdPickを騎士ではなく呪われた英雄にした方が良かったですが、まぁ結果論と思っておきます。

>>「民兵」を獲得

ラウンド3のドラフトフェーズも終了。
ターン4に夢のコンボを仕組んでみましたが、果たして実現するかな?

☆Round3 ドラフト終了:手札を5枚にする。
3Rte.jpg
手札:民兵、商人、重騎士、ドラゴンゾンビ、ダークエルフの義賊
リタイヤ送り:がめついゴブリン、騎士

金貨を貯めておきたいのか、一気に消費したいのか、矛盾した手札になってしまいましたが、
重騎士でもダークエルフの義賊でも勝利できれば結果はオーケーです。
あとは4ターン目に期待して、バトルラウンドを始めましょう!

◆Battle ターン1
フラッグ位置  :Player1(自分)
リードプレイヤー:Player4の公開カード:民兵

お、リードプレイヤーは民兵ですね。
自分も民兵ですがフラッグは自分が保持しているので、もし勝負になっても勝利できます。
まぁ、金貨5枚持っているPlayer3が何か仕掛けてくるとは思いますが…

予定通り民兵を伏せます。

一斉公開!
3R1.jpg
   Player1 民兵         戦力1 金貨1枚 フラッグ獲得(動かず)
   Player2 (降参表示)エルフの長老   金貨1枚
勝! Player3 魔女         戦力4      ターン1の財宝をオレンジ色に変更
   Player4 民兵         戦力1 金貨1枚

Player3が送り込んできたのは魔女。
ターン1の財宝の色をオレンジ色に変えて、獲得していきました。
同色の財宝を集めると勝利点が増すので、これ以上色を揃えさせるのは危険ですね。

◆Battle ターン2
フラッグ位置  :Player1(自分)
リードプレイヤー:Player3の公開カード:(降参表示)呪われた英雄

リードプレイヤーが降参表示なので特に警戒すべき点も見えず。
順当に自分も計画通りに商人を伏せておきます。

一斉公開!
3R2.jpg
   Player1 商人         戦力0 金貨3枚
   Player2 ゴブリン       戦力2
   Player3 (降参表示)呪われた英雄   金貨1枚
勝! Player4 神殿騎士       戦力3 

Player4が神殿騎士をプレイ。
これは…自分が緑カードを使うと読んで待たれていた形ですね。あぶない!
ただ、他のプレイヤーから対抗カードも出ず、順当にPlayer4が勝利。
これでPlayer4の財宝数は4つ。ターン3か4をPlayer4が勝利すると、このラウンドでゲーム終了となります。


◆Battle ターン3
フラッグ位置  :Player1(自分)
リードプレイヤー:Player4の公開カード:商人

さてここで重騎士を…と思ったら。Player4が商人を公開しました。
うーん…このターンにダークエルフの義賊を使ったらどうなるのか考えてみます。

この時の各自の金貨枚数は、P1 9枚、P2 2枚、P3 2枚、P4 4枚。
ダークエルフの義賊の効果は商人の効果解決後のタイミングなので、P4の金貨が7枚になった後に解決します。
つまり、P1(自分)は2金貨払って場に出すので
P1(自分)は7金から4金分、P4は7金から4金分が失われて、ダークエルフの義賊の戦力は8以上が確定。
しかも、前のターンに神殿騎士が登場して、おそらくもう騎士は登場してこない。

ならば、これは計画変更の時か!!
ダークエルフの義賊を伏せて…

一斉公開!
3R3.jpg
勝! Player1 ダークエルフの義賊  戦力0+9( Player1から4枚、Player3から1枚、Player4から4枚)
   Player2 ダークエルフの義賊  戦力0+0
   Player3 宝石商        戦力0  金貨2枚 フラッグ獲得
   Player4 商人         戦力0  金貨3枚

うおぉぉ!勝ったけど、これは危なかった!
まずPlayer3の宝石商がフラッグとさらに金貨2枚を獲得してPlayer3の所持金貨が4枚に。
Player4は商人で金貨を獲得して、所持枚数は7枚に。
自分とPlayer2は同じダークエルフの義賊を出しましたが、フラッグから時計回りに近い方から処理するため、
宝石商で動いた後のフラッグ順 Player3,4,1,2 という順番で、自分の方が早く効果を解決!
自分のダークエルフの義賊にだけ金貨が乗り、戦力が9になって勝利!

効果適用後の盤面がこちら
3R3-3.jpg

もし重騎士を使っていたらPlayer2のダークエルフの義賊に負けた上に金貨は3枚にされていました。
同じダークエルフの義賊でしたが、フラッグ位置的にPlayer2がちょうど下家だったので助かりました。
ギリギリの勝利でしたが、これで目標の1勝を得て最後のターンに入れます。

◆Battle ターン4
フラッグ位置  :Player3(正面)
リードプレイヤー:Player4の公開カード:(降参表示)騎士

財宝4つでリーチがかかっていたPlayer4は今回降参表示。
他のプレイヤーを見ると…
Player3はさっき呪われた英雄を降参表示で使うという少し怪しげな動き。
虹、赤、緑 とプレイしているPlayer2に期待を込めて、ドラゴンゾンビを伏せて…

一斉公開!
3R4.jpg
勝! Player1 ドラゴンゾンビ    戦力11-0(このターン+や-を処理しない)
   Player2 ブラックドラゴン   戦力9
   Player3 死霊術師       戦力0+0(このターン+や-を処理しない)
   Player4 (降参表示)騎士        金貨1枚

来た!流したブラックドラゴンがきっちり出てくれました。
ブラックドラゴンには、このターンは戦力を+やマイナスする効果をすべて解決させない効果があります。
通常であれば、Player3が出した死霊術師のような戦力をUPする効果を止めて、有利に戦闘する能力です。
(死霊術師:自分がこのラウンド出したカードに書いてある戦力値を全て+する。
 この場合なら、4(魔女)+5(呪われた英雄)+0(宝石商)で戦力9になるハズでした)

ところが、ドラゴンゾンビの戦力をマイナスする効果も解決せずに済む為、
本当なら11-(自分の財宝数x2)で戦力5になるドラゴンゾンビが、戦力11のまま活躍できます!
よっしゃ!大成功!!

今回のような「流したカードを他のプレイヤーが使ってくる」
という思考でゲームプランを組み立てて行く戦法は有効なのですが、
お互いがゲームに慣れていくと、
使われる事を読まれているなと思ったら保留にキープしておいて
次のラウンドに使ったりと、裏の裏をかくプレイヤーも増えていくので
このゲームプランなら万全、というわけでもありません。
なかなか難しい所です。


財宝の獲得は、ドラゴンゾンビが勝利した時の効果を使って
Player4から黄色の財宝を奪って自分のものにします。
これでラウンド3終了時の状況は…

■3rd Round終了時状態
Player1 金貨3枚 財宝:白、オレンジ 、黄、黄
Player2 金貨0枚 財宝:白、黄、
Player3 金貨3枚 財宝:オレンジ、オレンジ、オレンジ  フラッグ所持
Player4 金貨4枚 財宝:赤、黄、青

手元の保留カード:重騎士

と、なりました。
財宝数で単独TOPになってしまったので、リードプレイヤー確定ですね。

次の4thRoundはついに墓地がシャッフルされて、新たな山札になります。
詐欺師、ドラゴンスレイヤー、神殿騎士のような退場強制カード達も再登場の可能性があります。

全員の財宝所持数を考えても、誰かが財宝所持数5に到達してラストRoundになりそうです。

さて、どうなる?

>>Rround4へ続く



スポンサーサイト

テーマ : アナログゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

u_1

Author:u_1
Nine
ボードゲーム制作サークルPower Nine代表。
ここ5年ほどで海外ボードゲームを200個ぐらい購入してしまったボードゲーム好き。
唐突にボードゲーム制作に目覚めた為、いろいろな準備が間に合わない!(笑)現在はゲームマーケット大阪に向けて準備中。

たまにゲーム会を開いていたりします。

公式Twitter:Power_nine

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。