スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dragon's Stone 紙上リプレイ Round2

ラウンド1はこちらから。

このリプレイ上ではカード効果を逐一説明はせず、テンポ重視で紹介していきます。
カードリストが見たい方はコチラからどうぞ。
DSA4_4.jpg

紙上リプレイでは、ドラゴンズストーンはどんな雰囲気のゲームなのか、
また、ドラフト中にどんな事を考えながらプレイしているのかをお伝えできれば良いなぁと思います。

※リプレイ上では分かりやすりようにドラフト中の手札をテーブルに置いて写真を撮っています。
 ぶれている写真も多いですが、ご容赦くださいませ。


4人プレイにて

■1st Round終了時状態
Player1 金貨2枚 財宝:白、オレンジ
Player2 金貨3枚 
Player3 金貨9枚 フラッグ所持
Player4 金貨2枚 財宝:赤、黄

※ここでお詫びです。
 前回のリプレイ撮りの翌日に状況を再現してRound2を作成したのですが、
 Player1(自分)の最終金貨を2枚ではなく0枚と勘違いして再現してしまいました。ウッカリ!
 厳密に連動したリプレイではなくなってしまい、申し訳ないのですがご了承くださいませ。

 というわけで・・・
 終了時状態はPlayer1のみ下記に修正です。

Player1 金貨0枚 財宝:白、オレンジ


☆2nd Round
財宝の色:オレンジ、白、黄、黄
フラッグ位置  :Player3(正面)

前回から保留しているカード:民兵

■1stPick:
2-1.jpg
うーん、と悩んで手を伸ばしたのは呪術師。
自分が財宝数でリードしていなければ宝石商でも良いと思います。
Player3が9金貨持っているので、神殿騎士も考えたのですが
ターン1で金貨を消費されてしまうと狙いどころが難しくなると予想して、呪術師を獲得。
他のプレイヤーの手元に強力な説得コスト2のカードが来ている事を祈っておきます。

>>「呪術師」を獲得

■2ndPick:
2-2.jpg
強力な緑カードが2枚もありますが、神殿騎士を流しているのでそこに飛び込むのは怖いと判断。
呪術師の黒コストを確保しておこうという狙いで貿易商人。
うーん。呪術師を使う以外の戦略がなかなか定まらないな。。。

>>「貿易商人」を獲得

■3rdPick:
2-3.jpg
一転、強烈なカードが山盛り!このパック強っ!
呪われた英雄は緑カードの中でほぼ最強の戦力を持っていますが、今の所持金だと使うのはなかなか難しい。
ドラゴンゾンビは自分かPlayer4以外が使うと戦力11で、しかも勝つと他のプレイヤーの財宝を奪えるという特典付き!
これが3Pick目という所に少し不安を覚えつつ、自分で使っても戦力は7になるので、カットする意味も含めてドラゴンゾンビを確保しておきます。
下家のPlayer2にコレを使われて、財宝奪われたらたまらないもんな…

>>「ドラゴンゾンビ」を獲得

■4thPick:
2-4.jpg
とりあえず、金貨とフラッグが取れる漁師を獲得。
呪術師の前に使えば、フラッグを持った状態で呪術師が使えるかな?
エルフの長老を取ってターン2に使う、というのは・・・やはり流した神殿騎士が気になりますね。

>>「漁師」を獲得


■5thPick:
2-5.jpg
神殿騎士は当然ながら、戻って来ませんでした。
全員が金貨を持っていない状態なら、ゴブリンの伝令もターン1に使えば強いんですけどね。
とりあえず、フラッグが取れてお金が取れれば良いかな?と判断。

>>「宝石商」を獲得。

■6thPick:
>>「がめついゴブリン」を獲得。

うーん。まぁ使わないかな。
たしか強力な傭兵が多いパックだったので、みんな金貨を消費して勝負しに来る計画かな?
と考えておきます。


さて、ラウンド2のドラフトフェーズも終了です。
呪術師、ドラゴンゾンビが暴れてくれればなんとか1勝はできるかな?

☆Round1 ドラフト終了:手札を5枚にする。
2-E.jpg
手札:貿易商人、漁師、民兵、呪術師、ドラゴンゾンビ
リタイヤ送り:宝石商、がめついゴブリン


◆Battle ターン1
フラッグ位置  :Player3(正面)
リードプレイヤー:Player4の公開カード:ギャンブラー

金貨9枚のPlayer3の動向が気になりますが、リードプレイヤーが出してきたのはギャンブラー。
たしかにこれなら、金貨コストで強力なカードが出てきても勝てる可能性はあります。まさにギャンブルですが。
今回は貿易商人を伏せて、様子を見ます。

一斉公開!
2R1.jpg
   Player1 貿易商人         戦力0 金貨2枚
   Player2 (降参表示)エルフの長老     金貨1枚
勝! Player3 宝石堀りのノーム     戦力2
   Player4 ギャンブラー       戦力0+0(商人)

なんと、出てきたのは戦力2の、宝石堀りのノーム!
Player2は宝石堀りのノームの効果で、まずオレンジ色の財宝をゲット。
そしてギャンブラーは自分の効果でリタイヤからランダムに1枚…めくれたのは「商人(戦力0)」!
戦力でも宝石堀りのノームが勝利して、このターンのオレンジ色の財宝をゲット。
なんとターン1だけで2つの財宝をゲットしました!

うーん、呪われた英雄も流れていましたし、みんなが戦力が高い緑カードが出てくると思って、
戦力勝負を諦めた所を刺されました。うーむ。


◆Battle ターン2
フラッグ位置  :Player3(正面)
リードプレイヤー:Player3の公開カード:情報屋

財宝所持数がPlayer1,3,4ともに2つになったので、リードプレイヤーはフラッグを所持しているPlayer3になりました。
公開しているカードは情報屋。ターン3は呪術師を出す予定なので、ここでリードプレイヤーにはなりたくない。
戦力で勝利しなくても、フラッグ獲得すると次にリードプレイヤーになってしまうかも?
というセコイ考えから、民兵を降参表示で伏せました。
ドラフト時の予想ではこのターンに神殿騎士が登場すると考えていましたが…

一斉公開!
2R2.jpg
   Player1 (降参表示)民兵      金貨1枚
勝! Player2 ミノタウロス    戦力8 
   Player3 情報屋       戦力0 金貨2枚
   Player4 聖女        戦力2 フラッグ獲得

おおお。Player2が緑カードで勝利しました。
確かに全員がターン1で使ったカードを見てみると、
青カードを使っているプレイヤーは無く、Player2だけが虹色カードを使っていました。
神殿騎士は説得コストが「青」なので、このターン神殿騎士を使えるのはPlayer2だけ。
ならば、Player2は神殿騎士を警戒する必要は無く、強力な緑カードを使っても平気という事ですね。
なるほど。自分の予想の上を行かれてしまいました。

自分の民兵も降参にしなくてもPlayer4がフラッグを獲得していました。
ですが、やはり財宝所持数的にはフラッグ所持者がリードプレイヤーになる局面なので、石橋は叩いて渡ろうという所。

◆Battle ターン3
フラッグ位置  :Player4(右隣り)
リードプレイヤー:Player4の公開カード:霊媒師

さて、ここまで仕込は上手くいきました。
あとは呪術師を伏せて、みんなが説得コスト2のカードを使ってくれるのを祈るのみ!

一斉公開!
2R3.jpg
   Player1 呪術師       戦力3 
勝! Player2 銀行家       戦力0+4 (Player3の金貨が4枚) 
   Player3 (降参表示)ゴブリン    金貨1枚
   Player4 霊媒師       戦力2

うぐっ。。。
確かにドラフト中にコスト2のカードは殆ど見ませんでしたが、一人も使わないとは。
しかもちょうどPlayer3が降参表示をしたことで、銀行家の戦力が4になってしまいました。

なんと、ターン2、3とPlayer2が連勝した所で、全員の財宝数が2個に。
ここからが真の戦いか!ターン4のドラゴンゾンビで暴れてやる。


◆Battle ターン4
フラッグ位置  :Player4(右隣り)
リードプレイヤー:Player4の公開カード:領主

ぐ、ぐぬぬぬぬ。
領主はフラッグと金貨2枚獲得の能力と、戦力8を持つ優秀なカード。
こちらが使う予定だったドラゴンゾンビの戦力は11-(自分の所持財宝x2)なので、戦力は7。
ドラゴンゾンビを出してもただ敗れるだけというのが分かっています。

く、くそう。とりあえず今回は金貨を獲得してRound3に備えてやる。おぼえてろよー。
と思いつつも、漁師を伏せて置きました。

一斉公開!
2R4.jpg
   Player1 漁師        戦力0 金貨2枚 フラッグ獲得
   Player2 (降参表示)神殿騎士     金貨1枚 
   Player3 (降参表示)大商人      金貨1枚 
勝! Player4 領主        戦力8 金貨2枚 

自分以外のプレイヤーも戦力8の領主の前に降参表示でただ出すのみ。
Player3は所持金貨が4だったので、大商人を登場させても戦力3+4で惜しくも戦力が足りなかったのですね。

ここは逆に、ドラゴンゾンビを温存できたと考えて、次のRound3へ向かいましょう。
うーん。活躍できるのかな。ドラゴンゾンビ。

■2nd Round終了時状態
Player1 金貨5枚 財宝:白、オレンジ フラッグ所持
Player2 金貨1枚 財宝:白、黄
Player3 金貨5枚 財宝:オレンジx2
Player4 金貨4枚 財宝:赤、黄、黄

Player4だけ財宝3つですが、他3名は2つずつと並んでいます。
次のRound3でPlayer4が2勝するか、他のプレイヤーが3勝すればRound3でゲーム終了ですね。

さて、どうなるか。。。

>>Round3に続く

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

u_1

Author:u_1
Nine
ボードゲーム制作サークルPower Nine代表。
ここ5年ほどで海外ボードゲームを200個ぐらい購入してしまったボードゲーム好き。
唐突にボードゲーム制作に目覚めた為、いろいろな準備が間に合わない!(笑)現在はゲームマーケット大阪に向けて準備中。

たまにゲーム会を開いていたりします。

公式Twitter:Power_nine

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。