Dragon's Stone紙上リプレイ Round3

このリプレイ上ではカード効果を逐一説明はせず、テンポ重視で紹介していきます。
カードリストが見たい方はコチラからどうぞ。
DSA4_4.jpg

紙上リプレイでは、ドラゴンズストーンはどんな雰囲気のゲームなのか、
また、ドラフト中にどんな事を考えながらプレイしているのかをお伝えできれば良いなぁと思います。

※リプレイ上では分かりやすりようにドラフト中の手札をテーブルに置いて写真を撮っています。
 ぶれている写真も多いですが、ご容赦くださいませ。

★ラウンド2までのあらすじ
ラウンド1で財宝を2つ獲得できたPlayer1(自分)だったが、
ラウンド2では一つも獲得できず、他のプレイヤーに追いつかれる展開に。。。


4人プレイにて

■2nd Round終了時状態
Player1 金貨5枚 財宝:白、オレンジ フラッグ所持
Player2 金貨1枚 財宝:白、黄
Player3 金貨5枚 財宝:オレンジx2
Player4 金貨4枚 財宝:赤、黄、黄

☆2nd Round
財宝の色:白、青、黄、赤
フラッグ位置  :Player1(自分)

保留カード:ドラゴンゾンビ


★山札がなくなり、リタイヤの山も配られる。
4人プレイの時はラウンド3のドラフトカードを配る途中で山札が無くなります。
(総枚数が60枚なので、4人x6枚x3ラウンド = 72枚必要)
足りない分は今までのターンのリタイヤカードを配ると、ちょうど必要な枚数になります。
つまり、このラウンドは墓地に行っていない、ラウンド1と2で使われていないカードでドラフトする事になります。

※ちなみに、5人プレイの時は2ラウンド目以降、毎回「前回使われていないカードでドラフトする」形になります。

※※とはいえ、各プレイヤーは1枚保留しておけるので、まだ現れていないカードに狙われる可能性はあります。


■1stPick:
3-1.jpg
むむ!ブラックドラゴンがいる!
4人プレイなので、ラウンド3では墓地やリタイヤ置き場は行ったカードはまだ山札に戻っていません。
ということは、ドラゴンスレイヤーや詐欺師はまだ帰ってきていない状態。
これはコンボが狙えるかもしれない!

ということで、ブラックドラゴンは流すことにして、重騎士を取ります。
他にはあまりめぼしいカードはないですね。
ゴブリン、がめついゴブリンあたりが戻ってきそうです。

>>「重騎士」を獲得

■2ndPick:
3-2.jpg
ダークエルフの義賊が目を惹きますが、なかなか悩ましいパックです。
1ターン目にドワーフの勇士を使えば勝てるかもしれず、先ほど取った重騎士を生かすには民兵を取る手もあり。
しかし、他のプレイヤーに使われても困るという点で、ダークエルフの義賊を獲得。
うーん、重騎士(金貨5枚以上保持していると戦力+2)とダークエルフの義賊(全員の所持金貨をMAX3にする)は効果がぶつかっていますね。
どちらかは諦めて、リタイヤ送りになるかもしれません。

>>「ダークエルフの義賊」を獲得

■3rdPick:
3-3.jpg
おっと。強力な緑カード、呪われた英雄がありますね。
誰かが先ほどのドラフトでリタイヤに送ったのでしょう。。
ちょっと金貨が足りないので、今回も流してしまいます。

他には、エルフの魔法使いがいますね。
さっき財宝色ボーナスのカードを複数(ゴブリンの占い師、ドワーフの勇士)見たので、エルフの魔法使いを取って色コンボを狙うのもアリですが…
あくまで重騎士を使うことにこだわり、騎士を確保しておきます。
折角ダークエルフの義賊を押さえたので、金貨を5つ保持したままターン3に入れるハズ!

>>「騎士」を獲得

■4thPick:
3-4.jpg
赤一色にできればかなり強力な、ゴブリンの王が流れていますね。
赤系を取っている人がいないのかな?そうなるとブラックドラゴンが出てきてくれるか不安ですね…
多少、気にし過ぎとも思いますが、金貨を1枚奪う効果を持っているがめついゴブリンをカットして、
ゴブリンの王をあえて流してみます。誰か赤を集めていますように!

>>「がめついゴブリン」を獲得

■5thPick:
3-5.jpg
最初の1枚を取ったパックですね。いわゆる「おかえりパック」というヤツです。
ちゃんとレッドドラゴンはどこかに取られたようですね。よしよし。
ここでは自分でダークエルフの義賊を使う可能性も考えて、商人を取っています。

>>「商人」を獲得

■6thPick:
3-6.jpg
流れてきたのは民兵。
ラッキー!これでお金を得つつ重騎士につなぐ事もできるようになりました。
あー。これなら3rdPickを騎士ではなく呪われた英雄にした方が良かったですが、まぁ結果論と思っておきます。

>>「民兵」を獲得

ラウンド3のドラフトフェーズも終了。
ターン4に夢のコンボを仕組んでみましたが、果たして実現するかな?

☆Round3 ドラフト終了:手札を5枚にする。
3Rte.jpg
手札:民兵、商人、重騎士、ドラゴンゾンビ、ダークエルフの義賊
リタイヤ送り:がめついゴブリン、騎士

金貨を貯めておきたいのか、一気に消費したいのか、矛盾した手札になってしまいましたが、
重騎士でもダークエルフの義賊でも勝利できれば結果はオーケーです。
あとは4ターン目に期待して、バトルラウンドを始めましょう!

◆Battle ターン1
フラッグ位置  :Player1(自分)
リードプレイヤー:Player4の公開カード:民兵

お、リードプレイヤーは民兵ですね。
自分も民兵ですがフラッグは自分が保持しているので、もし勝負になっても勝利できます。
まぁ、金貨5枚持っているPlayer3が何か仕掛けてくるとは思いますが…

予定通り民兵を伏せます。

一斉公開!
3R1.jpg
   Player1 民兵         戦力1 金貨1枚 フラッグ獲得(動かず)
   Player2 (降参表示)エルフの長老   金貨1枚
勝! Player3 魔女         戦力4      ターン1の財宝をオレンジ色に変更
   Player4 民兵         戦力1 金貨1枚

Player3が送り込んできたのは魔女。
ターン1の財宝の色をオレンジ色に変えて、獲得していきました。
同色の財宝を集めると勝利点が増すので、これ以上色を揃えさせるのは危険ですね。

◆Battle ターン2
フラッグ位置  :Player1(自分)
リードプレイヤー:Player3の公開カード:(降参表示)呪われた英雄

リードプレイヤーが降参表示なので特に警戒すべき点も見えず。
順当に自分も計画通りに商人を伏せておきます。

一斉公開!
3R2.jpg
   Player1 商人         戦力0 金貨3枚
   Player2 ゴブリン       戦力2
   Player3 (降参表示)呪われた英雄   金貨1枚
勝! Player4 神殿騎士       戦力3 

Player4が神殿騎士をプレイ。
これは…自分が緑カードを使うと読んで待たれていた形ですね。あぶない!
ただ、他のプレイヤーから対抗カードも出ず、順当にPlayer4が勝利。
これでPlayer4の財宝数は4つ。ターン3か4をPlayer4が勝利すると、このラウンドでゲーム終了となります。


◆Battle ターン3
フラッグ位置  :Player1(自分)
リードプレイヤー:Player4の公開カード:商人

さてここで重騎士を…と思ったら。Player4が商人を公開しました。
うーん…このターンにダークエルフの義賊を使ったらどうなるのか考えてみます。

この時の各自の金貨枚数は、P1 9枚、P2 2枚、P3 2枚、P4 4枚。
ダークエルフの義賊の効果は商人の効果解決後のタイミングなので、P4の金貨が7枚になった後に解決します。
つまり、P1(自分)は2金貨払って場に出すので
P1(自分)は7金から4金分、P4は7金から4金分が失われて、ダークエルフの義賊の戦力は8以上が確定。
しかも、前のターンに神殿騎士が登場して、おそらくもう騎士は登場してこない。

ならば、これは計画変更の時か!!
ダークエルフの義賊を伏せて…

一斉公開!
3R3.jpg
勝! Player1 ダークエルフの義賊  戦力0+9( Player1から4枚、Player3から1枚、Player4から4枚)
   Player2 ダークエルフの義賊  戦力0+0
   Player3 宝石商        戦力0  金貨2枚 フラッグ獲得
   Player4 商人         戦力0  金貨3枚

うおぉぉ!勝ったけど、これは危なかった!
まずPlayer3の宝石商がフラッグとさらに金貨2枚を獲得してPlayer3の所持金貨が4枚に。
Player4は商人で金貨を獲得して、所持枚数は7枚に。
自分とPlayer2は同じダークエルフの義賊を出しましたが、フラッグから時計回りに近い方から処理するため、
宝石商で動いた後のフラッグ順 Player3,4,1,2 という順番で、自分の方が早く効果を解決!
自分のダークエルフの義賊にだけ金貨が乗り、戦力が9になって勝利!

効果適用後の盤面がこちら
3R3-3.jpg

もし重騎士を使っていたらPlayer2のダークエルフの義賊に負けた上に金貨は3枚にされていました。
同じダークエルフの義賊でしたが、フラッグ位置的にPlayer2がちょうど下家だったので助かりました。
ギリギリの勝利でしたが、これで目標の1勝を得て最後のターンに入れます。

◆Battle ターン4
フラッグ位置  :Player3(正面)
リードプレイヤー:Player4の公開カード:(降参表示)騎士

財宝4つでリーチがかかっていたPlayer4は今回降参表示。
他のプレイヤーを見ると…
Player3はさっき呪われた英雄を降参表示で使うという少し怪しげな動き。
虹、赤、緑 とプレイしているPlayer2に期待を込めて、ドラゴンゾンビを伏せて…

一斉公開!
3R4.jpg
勝! Player1 ドラゴンゾンビ    戦力11-0(このターン+や-を処理しない)
   Player2 ブラックドラゴン   戦力9
   Player3 死霊術師       戦力0+0(このターン+や-を処理しない)
   Player4 (降参表示)騎士        金貨1枚

来た!流したブラックドラゴンがきっちり出てくれました。
ブラックドラゴンには、このターンは戦力を+やマイナスする効果をすべて解決させない効果があります。
通常であれば、Player3が出した死霊術師のような戦力をUPする効果を止めて、有利に戦闘する能力です。
(死霊術師:自分がこのラウンド出したカードに書いてある戦力値を全て+する。
 この場合なら、4(魔女)+5(呪われた英雄)+0(宝石商)で戦力9になるハズでした)

ところが、ドラゴンゾンビの戦力をマイナスする効果も解決せずに済む為、
本当なら11-(自分の財宝数x2)で戦力5になるドラゴンゾンビが、戦力11のまま活躍できます!
よっしゃ!大成功!!

今回のような「流したカードを他のプレイヤーが使ってくる」
という思考でゲームプランを組み立てて行く戦法は有効なのですが、
お互いがゲームに慣れていくと、
使われる事を読まれているなと思ったら保留にキープしておいて
次のラウンドに使ったりと、裏の裏をかくプレイヤーも増えていくので
このゲームプランなら万全、というわけでもありません。
なかなか難しい所です。


財宝の獲得は、ドラゴンゾンビが勝利した時の効果を使って
Player4から黄色の財宝を奪って自分のものにします。
これでラウンド3終了時の状況は…

■3rd Round終了時状態
Player1 金貨3枚 財宝:白、オレンジ 、黄、黄
Player2 金貨0枚 財宝:白、黄、
Player3 金貨3枚 財宝:オレンジ、オレンジ、オレンジ  フラッグ所持
Player4 金貨4枚 財宝:赤、黄、青

手元の保留カード:重騎士

と、なりました。
財宝数で単独TOPになってしまったので、リードプレイヤー確定ですね。

次の4thRoundはついに墓地がシャッフルされて、新たな山札になります。
詐欺師、ドラゴンスレイヤー、神殿騎士のような退場強制カード達も再登場の可能性があります。

全員の財宝所持数を考えても、誰かが財宝所持数5に到達してラストRoundになりそうです。

さて、どうなる?

>>Rround4へ続く



スポンサーサイト

テーマ : アナログゲーム
ジャンル : ゲーム

Dragon's Stone 紙上リプレイ Round2

ラウンド1はこちらから。

このリプレイ上ではカード効果を逐一説明はせず、テンポ重視で紹介していきます。
カードリストが見たい方はコチラからどうぞ。
DSA4_4.jpg

紙上リプレイでは、ドラゴンズストーンはどんな雰囲気のゲームなのか、
また、ドラフト中にどんな事を考えながらプレイしているのかをお伝えできれば良いなぁと思います。

※リプレイ上では分かりやすりようにドラフト中の手札をテーブルに置いて写真を撮っています。
 ぶれている写真も多いですが、ご容赦くださいませ。


4人プレイにて

■1st Round終了時状態
Player1 金貨2枚 財宝:白、オレンジ
Player2 金貨3枚 
Player3 金貨9枚 フラッグ所持
Player4 金貨2枚 財宝:赤、黄

※ここでお詫びです。
 前回のリプレイ撮りの翌日に状況を再現してRound2を作成したのですが、
 Player1(自分)の最終金貨を2枚ではなく0枚と勘違いして再現してしまいました。ウッカリ!
 厳密に連動したリプレイではなくなってしまい、申し訳ないのですがご了承くださいませ。

 というわけで・・・
 終了時状態はPlayer1のみ下記に修正です。

Player1 金貨0枚 財宝:白、オレンジ


☆2nd Round
財宝の色:オレンジ、白、黄、黄
フラッグ位置  :Player3(正面)

前回から保留しているカード:民兵

■1stPick:
2-1.jpg
うーん、と悩んで手を伸ばしたのは呪術師。
自分が財宝数でリードしていなければ宝石商でも良いと思います。
Player3が9金貨持っているので、神殿騎士も考えたのですが
ターン1で金貨を消費されてしまうと狙いどころが難しくなると予想して、呪術師を獲得。
他のプレイヤーの手元に強力な説得コスト2のカードが来ている事を祈っておきます。

>>「呪術師」を獲得

■2ndPick:
2-2.jpg
強力な緑カードが2枚もありますが、神殿騎士を流しているのでそこに飛び込むのは怖いと判断。
呪術師の黒コストを確保しておこうという狙いで貿易商人。
うーん。呪術師を使う以外の戦略がなかなか定まらないな。。。

>>「貿易商人」を獲得

■3rdPick:
2-3.jpg
一転、強烈なカードが山盛り!このパック強っ!
呪われた英雄は緑カードの中でほぼ最強の戦力を持っていますが、今の所持金だと使うのはなかなか難しい。
ドラゴンゾンビは自分かPlayer4以外が使うと戦力11で、しかも勝つと他のプレイヤーの財宝を奪えるという特典付き!
これが3Pick目という所に少し不安を覚えつつ、自分で使っても戦力は7になるので、カットする意味も含めてドラゴンゾンビを確保しておきます。
下家のPlayer2にコレを使われて、財宝奪われたらたまらないもんな…

>>「ドラゴンゾンビ」を獲得

■4thPick:
2-4.jpg
とりあえず、金貨とフラッグが取れる漁師を獲得。
呪術師の前に使えば、フラッグを持った状態で呪術師が使えるかな?
エルフの長老を取ってターン2に使う、というのは・・・やはり流した神殿騎士が気になりますね。

>>「漁師」を獲得


■5thPick:
2-5.jpg
神殿騎士は当然ながら、戻って来ませんでした。
全員が金貨を持っていない状態なら、ゴブリンの伝令もターン1に使えば強いんですけどね。
とりあえず、フラッグが取れてお金が取れれば良いかな?と判断。

>>「宝石商」を獲得。

■6thPick:
>>「がめついゴブリン」を獲得。

うーん。まぁ使わないかな。
たしか強力な傭兵が多いパックだったので、みんな金貨を消費して勝負しに来る計画かな?
と考えておきます。


さて、ラウンド2のドラフトフェーズも終了です。
呪術師、ドラゴンゾンビが暴れてくれればなんとか1勝はできるかな?

☆Round1 ドラフト終了:手札を5枚にする。
2-E.jpg
手札:貿易商人、漁師、民兵、呪術師、ドラゴンゾンビ
リタイヤ送り:宝石商、がめついゴブリン


◆Battle ターン1
フラッグ位置  :Player3(正面)
リードプレイヤー:Player4の公開カード:ギャンブラー

金貨9枚のPlayer3の動向が気になりますが、リードプレイヤーが出してきたのはギャンブラー。
たしかにこれなら、金貨コストで強力なカードが出てきても勝てる可能性はあります。まさにギャンブルですが。
今回は貿易商人を伏せて、様子を見ます。

一斉公開!
2R1.jpg
   Player1 貿易商人         戦力0 金貨2枚
   Player2 (降参表示)エルフの長老     金貨1枚
勝! Player3 宝石堀りのノーム     戦力2
   Player4 ギャンブラー       戦力0+0(商人)

なんと、出てきたのは戦力2の、宝石堀りのノーム!
Player2は宝石堀りのノームの効果で、まずオレンジ色の財宝をゲット。
そしてギャンブラーは自分の効果でリタイヤからランダムに1枚…めくれたのは「商人(戦力0)」!
戦力でも宝石堀りのノームが勝利して、このターンのオレンジ色の財宝をゲット。
なんとターン1だけで2つの財宝をゲットしました!

うーん、呪われた英雄も流れていましたし、みんなが戦力が高い緑カードが出てくると思って、
戦力勝負を諦めた所を刺されました。うーむ。


◆Battle ターン2
フラッグ位置  :Player3(正面)
リードプレイヤー:Player3の公開カード:情報屋

財宝所持数がPlayer1,3,4ともに2つになったので、リードプレイヤーはフラッグを所持しているPlayer3になりました。
公開しているカードは情報屋。ターン3は呪術師を出す予定なので、ここでリードプレイヤーにはなりたくない。
戦力で勝利しなくても、フラッグ獲得すると次にリードプレイヤーになってしまうかも?
というセコイ考えから、民兵を降参表示で伏せました。
ドラフト時の予想ではこのターンに神殿騎士が登場すると考えていましたが…

一斉公開!
2R2.jpg
   Player1 (降参表示)民兵      金貨1枚
勝! Player2 ミノタウロス    戦力8 
   Player3 情報屋       戦力0 金貨2枚
   Player4 聖女        戦力2 フラッグ獲得

おおお。Player2が緑カードで勝利しました。
確かに全員がターン1で使ったカードを見てみると、
青カードを使っているプレイヤーは無く、Player2だけが虹色カードを使っていました。
神殿騎士は説得コストが「青」なので、このターン神殿騎士を使えるのはPlayer2だけ。
ならば、Player2は神殿騎士を警戒する必要は無く、強力な緑カードを使っても平気という事ですね。
なるほど。自分の予想の上を行かれてしまいました。

自分の民兵も降参にしなくてもPlayer4がフラッグを獲得していました。
ですが、やはり財宝所持数的にはフラッグ所持者がリードプレイヤーになる局面なので、石橋は叩いて渡ろうという所。

◆Battle ターン3
フラッグ位置  :Player4(右隣り)
リードプレイヤー:Player4の公開カード:霊媒師

さて、ここまで仕込は上手くいきました。
あとは呪術師を伏せて、みんなが説得コスト2のカードを使ってくれるのを祈るのみ!

一斉公開!
2R3.jpg
   Player1 呪術師       戦力3 
勝! Player2 銀行家       戦力0+4 (Player3の金貨が4枚) 
   Player3 (降参表示)ゴブリン    金貨1枚
   Player4 霊媒師       戦力2

うぐっ。。。
確かにドラフト中にコスト2のカードは殆ど見ませんでしたが、一人も使わないとは。
しかもちょうどPlayer3が降参表示をしたことで、銀行家の戦力が4になってしまいました。

なんと、ターン2、3とPlayer2が連勝した所で、全員の財宝数が2個に。
ここからが真の戦いか!ターン4のドラゴンゾンビで暴れてやる。


◆Battle ターン4
フラッグ位置  :Player4(右隣り)
リードプレイヤー:Player4の公開カード:領主

ぐ、ぐぬぬぬぬ。
領主はフラッグと金貨2枚獲得の能力と、戦力8を持つ優秀なカード。
こちらが使う予定だったドラゴンゾンビの戦力は11-(自分の所持財宝x2)なので、戦力は7。
ドラゴンゾンビを出してもただ敗れるだけというのが分かっています。

く、くそう。とりあえず今回は金貨を獲得してRound3に備えてやる。おぼえてろよー。
と思いつつも、漁師を伏せて置きました。

一斉公開!
2R4.jpg
   Player1 漁師        戦力0 金貨2枚 フラッグ獲得
   Player2 (降参表示)神殿騎士     金貨1枚 
   Player3 (降参表示)大商人      金貨1枚 
勝! Player4 領主        戦力8 金貨2枚 

自分以外のプレイヤーも戦力8の領主の前に降参表示でただ出すのみ。
Player3は所持金貨が4だったので、大商人を登場させても戦力3+4で惜しくも戦力が足りなかったのですね。

ここは逆に、ドラゴンゾンビを温存できたと考えて、次のRound3へ向かいましょう。
うーん。活躍できるのかな。ドラゴンゾンビ。

■2nd Round終了時状態
Player1 金貨5枚 財宝:白、オレンジ フラッグ所持
Player2 金貨1枚 財宝:白、黄
Player3 金貨5枚 財宝:オレンジx2
Player4 金貨4枚 財宝:赤、黄、黄

Player4だけ財宝3つですが、他3名は2つずつと並んでいます。
次のRound3でPlayer4が2勝するか、他のプレイヤーが3勝すればRound3でゲーム終了ですね。

さて、どうなるか。。。

>>Round3に続く

Dragon's Stone 紙上リプレイ Round1

ドラゴンズストーンはドラフト式カードバトルの名の通り、
キャラクターカードをドラフト形式で獲得したら、
後は戦って財宝を奪い合うのみという、シンプルなゲームです。

シンプルですが、どんなゲームなのか分かりづらい点もありますし、
ドラフトゲームですのでカードリストをある程度把握してからが本番なゲームでもあります。
このリプレイ上ではカード効果を逐一説明はせず、テンポ重視で紹介していきます。
カードリストが見たい方はコチラからどうぞ。
DSA4_4.jpg

紙上リプレイでは、ドラゴンズストーンはどんな雰囲気のゲームなのか、
また、ドラフト中にどんな事を考えながらプレイしているのかをお伝えできれば良いなぁと思います。

※リプレイ上では分かりやすりようにドラフト中の手札をテーブルに置いて写真を撮っています。
 ぶれている写真も多いですが、ご容赦くださいませ。

4人プレイにて

☆1st Round Draft
財宝:黄 赤 青 オレンジ
フラッグ位置:正面のプレイヤー

■1stPick:
Round1 Draft1pick
強烈なパックが配られました!
最大戦力カードであるレッドドラゴンと、それを退場させる事ができる詐欺師がセットになっています。
ですが・・・ここはあえて銀行家を獲得。
4人プレイなので残りから3枚が取られた後、2枚が戻ってきます。
戻って来そうなのは商人、民兵、騎士の3種ぐらいでしょうか。
商人が戻ってくれば銀行家のコストに充てられますが、あまり気にせず行きましょう。

>>「銀行家」を獲得。

■2ndPick:
Round1 Draft2pick
立て続けに民兵が流れてきているので、強化される確率が高そうな伝令を取っても良いのですが
銀行家を確保してあるので、銀行家を出すためにオレンジカードを出す⇒金貨が手に入る⇒3金貨以上にはなる。
と考えてエルフの射手を獲得。このカードは戦闘で勝てなくても次に繋がるのでお気に入りのカードです。
エルフの長老を取る手もあるのですが、ここはあえてスルー。下家に流しておきます。

ゴブリンの騎士も良かったのですが銀行家と色を合わせるのが難しい為スルー。
民兵と一緒に伝令があるので、伝令を取って民兵を流せばかなり勝算がありそうですが、先に挙げた戦略を優先してスルー。

>>「エルフの射手」を獲得

■3rdPick:
Round1 Draft3pick
おお!ちょうどいい!2金貨を獲得できて、何色にもなれるカードです。今後のピックの幅も広がりますね。
ただ、今の所オレンジ色しか色コストは必要としていないので情報屋でもよかったかもしれません。
情報屋は全カードの中で唯一他のプレイヤーの手札を見れるので、貴重なカードですし。

>>「貿易商人」を獲得

■4thPick:
Round1 Draft4pick
宝石商を獲得も考えたのですが、ここは少し戦力重視でゴブリンの隊長を取りました。
銀行家を取っているので、他のプレイヤーが宝石商を使って金貨を獲得してくれた方が銀行家の勝率が上がるかな?という目算もあります。
※左端に見えている貿易商人は3rdPickで獲得したカードです。

>>「ゴブリンの隊長」を獲得

■5thPick:
Round1 Draft5pick
これが最初のパックですね。
民兵と騎士が戻ってきました。予想通りに詐欺師、レッドドラゴンは誰かの手に残ったようですね。
青はあんまり誰もやっていないのかな?

>>「民兵」を獲得

■6thPick:
Round1 Draft5pick
1Round目の初手民兵は決して悪いカードでは無いのですが、最後に回ってきました。
たしか2Pick目のパックはそこそこ強力なカードが多かったので、たまたま残ったのかもしれません。

>>「民兵」を獲得

☆Round1 ドラフト終了:手札を5枚にする。
Round1 DraftResult
手札:貿易商人、エルフの射手、ゴブリンの隊長、銀行家、民兵
リタイヤ送り:民兵

なかなか面白いデッキになりました。2ターン目エルフの射手は悪くないですし、
エルフの射手のおかげで3ターン目にゴブリン隊長の戦力が5になればそれもOK。
銀行家は誰かが金貨を貯めこんでくれれば爆発力がありますし、この手札なら使う順番を入れ替える事も容易です。


◆Battle ターン1
フラッグ位置  :Player3(正面)
リードプレイヤー:Player3の公開カード:伝令
おっと。伝令ですね。自分が民兵1枚をリタイヤに送り、もう一枚は握っているため増強はされなそうですが・・・

一斉公開!
Round1 BattleTurn1
   Player1 貿易商人 戦力0      金貨2枚
   Player2 (降参表示)エルフの長老 金貨1枚
   Player3 伝令   戦力1      フラッグ獲得
勝! Player4 ゴブリン 戦力2

やはり何処からも青カードは出ず、伝令の戦力は1のまま。
ゴブリンが無難に財宝を獲得しました。
Player2は僕が流したエルフの長老を使っていますね。よしよし。ここまで計画通り。

◆Battle ターン2
フラッグ位置  :Player3(正面)
リードプレイヤー:Player4(右隣り)公開カード:ゴブリンの隊長

うわ。これは勝てない。
リードプレイヤーが公開したゴブリンの隊長は前のターンのゴブリンの支援を受けて戦力4。
このターンはエルフの射手で上手く行けば1勝して、ターン3は銀行家かゴブリンの隊長でもう1勝。
という自分の目算は崩れてしまいました。。。。

このターンに戦力4を上回る可能性があるのは銀行家ぐらいですが、ここは勝てるか怪しいのでまだ温存したい。
うーん、ターン2は諦めて降参しましょう。ゴブリンの隊長をそっと横向き(降参表示)で伏せました。

一斉公開!
Round1 BattleTurn2
   Player1 (降参表示)ゴブリンの隊長 金貨1枚
   Player2 エルフの魔法使い 戦力1  ターン3の財宝を白色に変更
   Player3 宝石商      戦力0  金貨2枚+金貨3枚 フラッグ獲得
勝! Player4 ゴブリンの隊長  戦力3+1(ターン1のゴブリン効果)

Player2はエルフの魔法使いの効果でターン3の財宝が白色に変わりました。これは色コンボを狙ってきていますね。
Player3が宝石商の追加効果で5金貨を獲得して合計7金に。
次にPlayer3が金貨を消費しなければ、銀行家はかなり強力です。
金貨コストを必要とするカードはあまりドラフト中に見なかったし・・・これは銀行家で勝てるか?


◆Battle ターン3
フラッグ位置  :Player3(正面)
リードプレイヤー:Player4(右隣り)公開カード:ゴブリンの騎士

戦力5のゴブリンの騎士。銀行家を伏せて、Player3が金貨を使わない事を祈ります。

一斉公開!
Round1 BattleTurn3
勝! Player1 銀行家      戦力0+9(Player3の金貨が9枚)
   Player2 ロイヤルガード  戦力4+2(財宝が白色のボーナス)
   Player3 ギルド長     戦力4  金貨2枚
   Player4 ゴブリンの騎士  戦力5

おっと!Player3は金貨を使うどころか増やして来ました。
ターン4で大金を使って勝利する気でしょうか。それとも次のラウンドの為の貯蓄なのか。
Player2はエルフの魔法使いで財宝の色を変えるコンボで戦力アップをしましたが、
Player3の金貨枚数が大きかったので銀行家で勝利できました。

あれだけの金貨があると自分でダークエルフの義賊を使ってもかなりの戦力になりますね。。。
自分が考えていたターン4の仕掛けが上手く行くか心配になって来ました。
でもPlayer3は赤、赤、赤とカードをつかっているのでターン4にはきっとあのカードが来るはず!


◆Battle ターン4
フラッグ位置  :Player3(正面)
リードプレイヤー:Player4(右隣り)公開カード:レッドドラゴン
Round1 BattleTurn4Start
ついにレッドドラゴンが登場。戦力12の最強生物です。
しかしこの展開はドラフトの最初パックを見たときに予想した通り。
レッドドラゴンには勝ち目が無い、エルフの射手を伏せて・・・勝負!

一斉公開!
Round1 BattleTurn4
勝! Player1 エルフの射手   戦力3
   Player2 詐欺師      戦力2
   Player3 ドラゴンスレイヤー(詐欺師効果により退場)
   Player4 レッドドラゴン  (ドラゴンスレイヤー効果により退場)

来た!計画通り!詐欺師がPlayer2から登場することで、
レッドドラゴンが退場し、戦力3で勝利できました!

ドラフトの1stPickの時点で、詐欺師とレッドドラゴンが見えていたので、
詐欺師の効果に捕まらず、詐欺師に勝てるカードとして銀行家を獲得したのでした。
銀行家はターン3で使ってしまいましたが、
他にも戦力3以上のカードをキープしていたのでターン4に使う事ができました。

途中でエルフの長老ではなくエルフの射手を獲得したのは、
詐欺師を流したのに黒カードを流さないと使って貰えない状態になるのを警戒した部分もあります。
とはいえ、詐欺師を使ってこない可能性もありましたが・・・今回は、計画成功です!

※厳密な順番はフラッグ所持者から時計回りの為、
 まずドラゴンスレイヤーの効果でレッドドラゴンが退場、
 その後詐欺師の効果でドラゴンスレイヤーが退場しています。


これで、1stRoundは終了です。
まだ誰も財宝は5つ以上にはなっていないので2nd Roundに続行ですね。

■1st Round終了時状態
Player1 金貨2枚 財宝:白、オレンジ
Player2 金貨3枚 
Player3 金貨9枚 フラッグ所持
Player4 金貨2枚 財宝:赤、黄


財宝を2つも取れて、かなり良いスタートができました。
しかもフラッグ位置的にPlayer4がリードプレイヤーになるので不利も無し。
保留カードは民兵なので、次のドラフトで勝ちに行けるカードを獲得したい所。

気になるのは1st Roundでターン4に使われる退場強制能力カードであるドラゴンスレイヤーと詐欺師が両方とも使われてしまった事ですね。
これで今後はターン4に強力なカードで暴れても許される世界になりました。さてどうなるか。。。


>>Round2に続きます

Dragon's Stone 二人用バリアント

Dragon's Stoneの二人用バリアントを作成したので、ご紹介します。

少し独特なプレイ感になりますが、考え所もある二人対戦ゲームになります。

ドラストしか持ってないけど、一緒に遊ぶ人がまだ集まってない。。。
というような時に(?)ご活用ください。

-------------------------------------------------

[Dragon's Stone(2人用)バリアントルール]
以下を変更することでDragon's Stoneが二人で遊べます。

■通常ルールとの変更点。
・ドラフトフェーズは以下のように変更します。
 ①2人に6枚ずつ配る。
 ②6枚のうち、2枚を選んで獲得する。
 ③残った4枚を2つの組みに分けて(2枚と2枚or1枚と3枚)
  相手に提示する。
 ④相手から提示された組みのどちらか好きな方を獲得する。
 ⑤自分が提示し、相手が獲得しなかった組みのカードを獲得する。

 上記を行うと手札が5~7枚になります。
 その後、前ラウンドの保留があれば手札に加えてから、
 手札を5枚になるようにリタイヤに捨てます。

コメントで最低手札枚数は4枚になる旨、ご指摘を頂きました。
 ありがとうございます。(二人とも1枚と3枚で分け、両方の1枚側を受け取った場合)
 その場合は、手札4枚のまま保留カードが無い形でゲームを進行してください。

・バトルフェーズ
 通常ルール通り。
 二人なので、どちらかのプレイヤーがリードプレイヤーとなります。
 どちらかがカードを公開してプレイした後、もう一人のプレイヤーがカードを出します。

・ゲーム終了条件:得点計算は以下に変更します。
 どちらかがバトルフェーズ終了時に財宝を7つ以上持っていたらゲームを終了します。
 5色の財宝の各色ごとに、どちらが多く持っているか比較して3勝したプレイヤーが勝利します。
 もし2勝2敗1分 等で同点になったら、合計の財宝所有数で比較し多く持っているプレイヤーが勝利します。
 財宝所有数も同点の場合は、フラッグを所持しているプレイヤーが勝利します。

-------------------------------------------------
※GM2012秋に配布したPower9Radioの冊子に掲載した「先行公開版ルール」から、ゲーム終了条件が
財宝9つ ⇒ 財宝7つ に変更されています。
-------------------------------------------------


二人プレイの場合「どの色の財宝を獲得するか」を考えるのがかなり重要になります。

また、リードプレイヤーが「降参表示」でプレイすると、後手プレイヤーは商人(戦力0)でも勝利できるため
カードを降参でプレイしない事を考慮することも重要です。

特に「エルフの魔法使い」(戦力1 財宝の色を2つ変える)が非常に強力に感じられます。
二人の時は二人なりのドラフト(プレイング)が必要になります。

Dragon's Stoneに慣れた同士で遊ぶと、手軽にDragon's Stoneの読みあいが楽しめますよ!




テーマ : アナログゲーム
ジャンル : ゲーム

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

u_1

Author:u_1
Nine
ボードゲーム制作サークルPower Nine代表。
ここ5年ほどで海外ボードゲームを200個ぐらい購入してしまったボードゲーム好き。
唐突にボードゲーム制作に目覚めた為、いろいろな準備が間に合わない!(笑)現在はゲームマーケット大阪に向けて準備中。

たまにゲーム会を開いていたりします。

公式Twitter:Power_nine

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR