スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dragon's Stone 紹介③ ルール紹介

今回はDragon's Stoneのマニュアルを紹介します。

製品に入っているマニュアルはA6サイズで全16Pなのですが、
ここでは「ビギナールール紹介&解説」と「FAQ]部分を割愛したjpgファイルを公開します。

・ルールサマリー
ルールサマリー

・マニュアル1P 2P
DrastRule1-2

・マニュアル3P 4P
DrastRule3-4

・マニュアル5P 6P
DrastRule5-6

・マニュアル7P 8P
DrastRule7-8

・マニュアル9P 最終16P(サマリー)
DrastRule9-16


このルールを見て読んでいただいた後、
これらキャラクターカードを見ると全貌が見えてくるのではないかと思います。
CardInfo5C


次回からはさまざまな特徴を持つキャラクターカードを順番に公開していきます。
長谷川登鯉さんアートのカードも出てきますのでご期待くださいませ。


また、Power9Radioもvol.3をアップしました!
こちらからどうぞー。
スポンサーサイト

Dragon's Stone 紹介② ストーリーと内容物紹介

Dragon's Stoneはこんな物語のゲームです。
--------------------------------------------------------

深き森と険しい山に囲まれた平和な王国。8代目の王は病に伏せ、彼の子供達にこう告げました
「最も価値のあるドラゴンズ ストーンを持ち帰った者を次の王とする!」
あなたは王子/王女となり、次の王の座を目指して
他の王位継承者と財宝(ドラゴンズ ストーン)の獲得を競います。

王国の騎士達や城下街の商人達の協力を得て、ゴブリンやエルフを雇い、
さらには邪悪な死霊術師や、恐るべきドラゴンさえも使役して、ライバル達を出し抜きましょう。
財宝(ドラゴンズ ストーン)を誰よりも早く集め、、王位を勝ち取ろう!

--------------------------------------------------------
その内容物(コンポーネント)は・・・

箱(A6サイズ)
マニュアル

キャラクターカード60枚
プレイヤーカード(獲得財宝置き場)5枚
ビギナー用プレイヤーカード(獲得財宝置き場)5枚

財宝ストック袋(巾着袋)1個
ドラゴンズ ストーン(財宝) 25個 (5色x5個)
金貨 30枚
フラッグ 1個
A6ボード 1枚
DRAFT ROUNDマーカー(グラスカウンター)1個

色々入れすぎました!
長谷川登鯉さんデザインの金貨のほか、財宝やフラッグも立体物が入っています!

DS_Compornent
※写真は試作物です。カードスリーブは付属しません。

徐々に続報を出していきますので、ご期待くださいませ。


また、Power9Radioもvol.2をアップしました!
こちらからどうぞー。

テーマ : アナログゲーム
ジャンル : ゲーム

Dragon's Stone 紹介① カード紹介 その1

Dragon's Stoneは王位継承者であるあなたが次の王位を目指して戦う
「ドラフト式カードバトル」ゲームです。

毎ラウンド、ドラフトで得たキャラクターカードを使って財宝(Dragon's Stone)を奪い合い、
だれかが5つ以上持ってラウンドを終了したらゲーム終了。というシンプルなゲームとなっています。

今回は詳細なルールのお話の前に、肝心な「キャラクターカード」はどんなものか紹介していきます。
キャラクターカードには5色(5陣営)あり、それぞれに特徴があります。

赤は山に住むゴブリンやドラゴン達
青は騎士団に所属する騎士達や領主
橙は貿易商人や銀行家などの城下町の商人達
緑は森に暮らすエルフや亜人の傭兵達
黒は人間の中でも闇に近い死霊術師や詐欺師

CardInfo5C

自分は王子として、各キャラクター達を「説得して」協力して貰わなければなりません。
とはいえ、ドラゴンや領主といった、強力なキャラクターはそう簡単には説得されません。

協力の見返りとして金貨を支払ったり、
既に説得したキャラクターに口添えを貰うことで、
強力なキャラクターを説得し、協力を得ることができます。

キャラクターカードは42種類、全60枚あります。
色の内訳は黒を除く4色(赤、青、橙、緑)が13枚ずつ、黒のみ8枚という構成です。

カードの右下に★マークがあり、★の数だけ同じカードが含まれています。
つまり、左上のゴブリン★★★なので全60枚の中に3枚入っており、左下のトロールは1枚しかありません

これらのキャラクターカードをドラフトし、プレイヤー同士で財宝の争奪戦を繰り広げます。

-----------------------------------------------------

カード枠や各種アイコンについては長谷川登鯉さんともう一名の方に全面協力を頂いて
当初の自分のデザインを遥かに超えた素晴らしいものになりました。

カードアートは最終的には3名の方にお願いしており、長谷川さんにも8枚のカードを担当して頂きました。
今回紹介の中では左下の「トロール」が長谷川さんのアートです。重量感もあってカッコ良い!

入稿しました!

「Dragon's Stone」の原稿の入稿が完了しました!!!
やった!やっと入稿です!

そんなわけで今後は本格的にゲーム紹介をしていこうと思います。
とりあえず今回はパッケージを。

あれ?前回も公開してなかった?と思った方もいると思いますが、
実は入稿までの間に長谷川登鯉さんの手が入りまして、素晴らしく生まれ変わりました。

Dragon's Stone BoxART

すげーーー!!


今後、GM秋までの間定期的にゲームの内容やカードの紹介など行っていきますので
ご期待くださいませ。


また、唐突ですがPODCAST的なものを始めました。
ぐてぐてなざれごとを喋る内容ですが、よろしければコチラからどうぞ。

Power9Radio

よろしくお願いします。

テーマ : アナログゲーム
ジャンル : ゲーム

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

u_1

Author:u_1
Nine
ボードゲーム制作サークルPower Nine代表。
ここ5年ほどで海外ボードゲームを200個ぐらい購入してしまったボードゲーム好き。
唐突にボードゲーム制作に目覚めた為、いろいろな準備が間に合わない!(笑)現在はゲームマーケット大阪に向けて準備中。

たまにゲーム会を開いていたりします。

公式Twitter:Power_nine

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。