スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dragon's Stone 略して ドラスト

秋のゲームマーケット頒布に向けて、デザイン準備などが本格化してきた「Dragon's Stone」続報です。
Drasto-test

なんと!このゲームはアイコンなどのデザインとカードアートに
「セブンスナイト」や「ヴォーパルス(コインやボードデザイン)」を手掛けた
長谷川登鯉さんに参加していただいています!(じゃーん!)

Power9が初めて作るゲームにも関わらず、快く引き受けて下さり
長谷川さんから届くデザインのクオリティに驚き、感動しつつ制作を進めています。

紹介画像の中では、金貨のデザインが長谷川さんデザインですね。
萬印堂さんにお願いした試作版が手元に届いて、
ドイツゲームの金貨タイルに負けてない!と感動しました。

カードは60枚43種(ぐらい)あるのですが、長谷川さんを含めた3人の方にお願いしています。
紹介画像は試作版のもので、長谷川さんデザインカードは写真中にはありません。
また、今のカードに入っているアートはまだ下絵なので本番ではまだ変わります。

ゲームデザインはほぼ完了しており、
今は、微調整することで少しでも面白くならないか。
または分かりやすくならないかを模索しています。

順次続報をお届けしようと思っていたのですが、
なかなか節目が見つからず、難しいですね。

今後も更新していきますので、楽しみにお待ち頂けたら嬉しいです。
スポンサーサイト

テーマ : アナログゲーム
ジャンル : ゲーム

LoveLetter 2人用バリアント

お久しぶりの更新です。

GM秋にさっそく申し込んでみました!
あとはゲームを練りこんだり、製品として準備を進めるだけですね。

今週末の夏コミで、念願の「LoveLetter」を購入できました!!
前のゲームマーケットで最も評判が良く、気になっていたタイトルだったのでさっそくプレイ。

感想は、2人プレイだったからか、非常に運の要素が強く出てしまい、ちょっとゲームに入り込めませんでした。。。

例えば、初手で相手に兵士を使われて「騎士」を宣言。自分の初手がたまたま「騎士」だった場合などの初ターンキル。
または初手が大臣で5以上のカードを最初に引いてしまい、初ターン自滅。
などがそこそこ発生して、ゲームというより捲っているだけになってしまうことがありました。

※訂正:兵士で「兵士」は宣言できません。ので上記例を訂正しました。
製作者のカナイさんご本人からご指摘いただきました。失礼いたしました。

そこで、(若輩ながら)2人用のバリアントを考えてみた所、実に楽しく16連戦もしてしまったのでご紹介します。

「LoveLetter」2人用バリアント
1.最初にお互いにカードを3枚ずつ配る。
2.3枚の中から1枚を選んで、最初の手札とする。
3.使わなかったカードは伏せて手元に置く。確認したければそれを捨てた本人のみ、確認してもよい。

以降は通常と同じく、1枚引いて、1枚を捨てる(効果を発揮する)を繰り返していきます。

LoveLetter

このバリアントでは初手を自分で決断するため、短期決戦でも運要素よりもプレイ感が上回りました。

上で挙げた初ターン終了があっても、それは自分の選択の結果になりますし、
初手時点で他に2枚のカード情報があるのが大きいようです。

もし、僕と同じように2人用の時に運要素が強すぎるな。
と思った方がいたら是非試してみてください。

初手の理不尽さが緩和されて遊ぶと、自分にもちょうど良いプレイ感でした。
LoveLetterはやはりとてもとても良いゲームです。
カナイ製作所さん、すごいなぁ!

製品版についてきた勝利チップを使って遊んでいましたが、
2本先取ルールは2人用だと盛り上がります。

前回敗者からカードを引くようにしていたので、
先攻決めのじゃんけんすら無く、飽きずにずーっと遊んでしまいました。

いやぁ!LoveLetter楽しい!
こういうゲーム作りたいなぁ(笑)

テーマ : アナログゲーム
ジャンル : ゲーム

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

u_1

Author:u_1
Nine
ボードゲーム制作サークルPower Nine代表。
ここ5年ほどで海外ボードゲームを200個ぐらい購入してしまったボードゲーム好き。
唐突にボードゲーム制作に目覚めた為、いろいろな準備が間に合わない!(笑)現在はゲームマーケット大阪に向けて準備中。

たまにゲーム会を開いていたりします。

公式Twitter:Power_nine

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。